ダルクホーム事業案内

●所在地
〒116-0014
東京都荒川区東日暮里3-10-6
Tel 03-3807-9978 Fax 03-3803-0509

電話受付時間  
月曜日~土曜日 9:30~17:00 日曜日 10:00~16:00

●事業目的
薬物依存症者に共同生活の場を提供し、薬物を使わない生き方のプログラムを実践することによって、薬物依存からの回復を支援する。回復していくための場、時間、回復者モデルを提供し、ナルコティクス アノニマス(NA)の12ステップに基づいたプログラムによって新しい生き方の方向付けをし、各地の自助グループにつなげていく。

●事業内容
① ダルクホーム定員・・・・9名
② 事務所開所時間・・・・・年中無休  
月曜日~土曜日 9:30~17:00 日曜日 10:00~16:00

1.ナイトケア事業
<概要> 薬物依存者症者は、病院あるいは刑務所から直ちに社会生活に戻った場合に薬物を再使用する割合が高く、社会復帰に困難を伴う。そのような人たちのためにダルクホームは、自らの病気を認め、自助グループに通う生活に慣れ、社会復帰をしていくための中間施設としての役割を果たす。 

<内容> ○個別相談 ○生活指導 ○金銭管理 ○健康管理 ○就労援助 

2.相談事業
<概要> 本人と家族からの相談を受け、問題を整理する。
◇本人に対しては、回復の動機付けをして、医療・ダルクでのリハビリ・自助グループにつなげる窓口になる。
◇家族に対しては、依存症者本人との関わりを見つめ直してもらい適切な援助機関につなげる窓口になる。 

<内容> ○電話相談 ○個別相談(本人、家族) ○関係機関との連携(福祉事務所、病院、協力弁護士等)

●職員
ダルクホーム施設長 幸田実  他職員1名
*ダルクホームのスタッフは、ダルクプログラムによって回復した薬物依存症者本人で構成されている。

●施設
鉄筋3階建て、総面積201㎡ 1階 事務所、居室(5名) 2階 リビングルーム、調理場・食堂
3階 居室(5名)、風呂、スタッフ宿直室

●プログラムとその期間
1日3回のグループミーティングを中心に、スポーツ、レクリエーション、自助グループのセミナー、他ダルクとの合同合宿セミナーへの参加、等。
入寮者には担当スタッフがつき、定期的にカウンセリングを行い、週に1度スタッフ全員でメンバーのケース検討を行う。
プログラム期間は各個人によって異なるが、最低3ヶ月が基本プログラム期間(ミーティング中心)である。その後就労・自立・退寮までには更に3ヶ月から1年を要する場合もある。退寮後は、アフターケアプログラムとして、施設に定期的に通うことを進めている。


ダルク週間予定表


10:00
11:00
ダルク
ハウス
ミーティング
ダルク ミーティングSC ダルク
ホーム
ミーティング


13:30
15:00
ダルク
ミーティング
SC
スポーツ
レクリエーション

19:00
20:30
NAミーティング

ダルク、NAで行われているミーティングとは、基本的に“言いっぱなし”の“聴きっぱなし”のスタイルで行い、非難や批判をされることなく、お互いの経験を分かち合う場である。また、その場で話されたことは、他の場所で話題にすることはお互いにせず、個人の秘密は守られる。
・ハウスミーティングとは、ダルクを利用する上での日常的な様々な問題を、スタッフを含めたメンバー全員で話し合う。
・ステップミーティングとは、自助グループが提案する、12ステップのスタディーミーティング。
・日曜の午前午後は、基本的にプログラムは休みですが、セミナーなどのイベントがある場合は全員で参加します。
・ダルクミーティングSCとは、ダルクセカンドチャンスで行うミーティングをさします。

●費用
入寮費(1ヶ月につき)  160,000円(利用料100,000円 生活費60,000円)
内訳 
ホーム利用料 20,000円(水光熱費及び共益費)
プログラム費 70,000円(雑費含む)
交通費 10,000円(1ヶ月)
生活費 60,000円(1日2,000円)

*その他医療費は実費請求とさせていただきます。
*生活保護を受けている方はご相談ください。

●禁止事項
施設内での薬物使用、暴力、異性との交際等があった場合には、退寮していただくこともあります。(その他、詳細については来所相談の上、ご確認ください。)

ダルク セカンドチャンス 事業案内

●事業目的
薬物依存症者に日中集う場を提供し、薬物を使わない生き方のプログラムを実践することによって、薬物依存からの回復を支援する。回復していくための場、時間、回復者モデルを提供し、ナルコティクス アノニマス(NA)の12ステップに基づいたプログラムによって新しい生き方の方向付けをし、各地の自助グループにつなげていく。

●事業内容
1.デイケア事業
・グループミーティング
夜の自助グループミーティングだけでは回復が困難な人、遠方からの通所者、仕事や家族の関係等で変則的にしか参加できない人たちをもサポートできる昼間のミーティング。
・個別相談
回復途上(プログラム中)で起きてくる様々な問題に対する定期的な個別の相談。
・アフターサポートプログラム
ダルクプログラム修了後のアフターサポートとしての個別相談。退寮、修了後も担当スタッフがいつでも相談にのれる体制を整える。社会の中での孤立化を防止する。
・特殊ケースサポート
合併症、虐待、自殺願望等、回復者カウンセラーだけでは対応しきれないケースに対し、専門家を交えたプログラムを組むことによりサポートする。
・レクリエーション
スポーツ、映画鑑賞、バザー出店、夏季研修旅行等、各種イベントへの参加を通して、分かち合いの場を広げる。
・ボランティア活動
荒川・台東地区におけるボランティア活動。各機関(地元企業や社会福祉協議会等)との連携をはかり、地域内の人々との交流を深める。


 ●所在地
〒110-0003
東京都台東区根岸5-8-16 大空庵ビル2F 
※ローソンの二階です。
Tel 03-3875-8808 Fax 03-3875-8760
開所時間 月曜日~金曜日 10:00~16:00

●職員
ダルク セカンドチャンス
施設長 森田邦雅 他5名
 2.相談事業
・電話相談
依存症者本人、家族、関係者(医療、福祉、教育、司法等)からの相談、問い合わせに応える。必要に応じて他の相談機関を紹介し、来所が必要な場合は予約を受ける。
・家族個別相談
薬物依存症者の家族(親、兄弟、配偶者、その他密接な関係にある人)を対象としたスタッフとの個別相談。それぞれ継続して相談を受けられる適切な相談機関を紹介し、同時に家族の自助グループへの参加を促す。
・依存症者個別相談
薬物依存症、アルコール依存症者本人を対象としたデイケアスタッフとの個別相談。本人のニーズに応じて全国のダルクへの紹介や自助グループの案内をする。

3.連携、協力事業
・関係機関とのネットワーク作り
ダルク利用にあたって解毒入院が必要な場合は入院先の手配とそのサポート。病院、福祉事務所との連絡を取り合い、治療方針を検討する。その他、保健所、精神保健センター、保護観察所、保護司等との連携を強化し、薬物依存症治療のネットワークを作ることで、各々の治療の流れを把握する。治療に一貫性を持たせることにより、適切なサポート体制を作る。

4.予防・啓蒙事業
・講演、説明会
学校、保健所、福祉事務所、地域団体等の要請に応じて、スタッフ(場合によってはプログラム中のメンバーを含む)が自らの体験を話し、同時にダルクの活動や自助グループの説明等をする。本人たちの生の声を聞くことで依存症への理解を深めてもらう。また、依存症の治療及び再発防止が最大の予防でもあることを訴える。
・書籍、リーフレットの制作・販売
薬物依存の様々な側面に対応した書籍、ニュースレターの発行。青少年向け、家族向け等、対象者別に薬物依存症とダルクの活動についての書籍、リーフレットの制作、販売。
・パブリック インフォメーション
ダルク主催によるフォーラムを開催し、この問題に関心のある多くの人たちに回復のメッセージを伝える。

5.養成事業
・小規模セミナー
施設や病院、福祉事務所などで依存症者と関わる人を対象とした専門家による学習会。講師と生徒という一方的な教育ではなく、互いに経験を分かち合うことによる相互学習と情報交換の場としての集まり。
・事例検討会
それぞれの現場での過去の苦い経験をこれからの治療に生かすべく、定期的に象徴的なケースを一つ一つ分析検討する。また、一つの機関では対応困難なケースをそれぞれの専門職同志で共有し、効果的な援助を考える。

▲このページの一番上へ